東經日語咨詢熱線0512-67723999
東經日語,您身邊的日語培訓機構

會變身的狐和貍

返回列表 作者:東經日語 luxiang 發布日期:2016-10-31

   むかしむかし、ある村にお花というキツネと、こんというタヌキが住んでいました。

  很久很久以前,某個村子里,住著叫小花的狐貍,和叫小昆的貍。

  二匹とも、化けるのがとても上手です。

  這兩只都很擅長變身。

  ある日の事、お花とこんが、道でバッタリと出會いました。

  話說有一天,小花和小昆在路上突然相遇。

  こんは、わざとていねいに言いました。「お花さんは化けるのがとても上手だそうだけど、おいらとどっちが上手かな?」

  小昆故作禮貌地說道:“聽說小花很擅長易容,和我相比的話,不知道誰更擅長呢?”

  「さあ?どっちが上手か、化け比べをしてみないとわかんないわ」

  “那誰知道呢?要說誰更擅長,不比過怎么會知道呢。”

  それを聞いたとたん、こんが腹を立てました。「よし、そんならどっちが上手か、化け比べをしよう」

  小昆聽了之后很生氣,說道:“好,那就比比誰更厲害吧。”

  「いいわよ。明日の晩、お宮さんの境內(けいだい)へ來てちょうだい」お花はそれだけ言うと、帰っていきました。

  “好啊。明天晚上就來神社院內吧。”小花說完就回去了。

  (女のくせに、なんてなまいきなキツネだ。見ていろ。かならず負かしてやる。???だが、何に化けたらいいのだろう?)こんは何に化けたらお花に勝つか、一生懸命に考えました。

  (就算是個女的,可這狐貍也太傲慢了吧。等著瞧吧。一定會贏你的。???可是,變成什么好呢?)小昆拼命想著變成什么才能贏小花。

  何しろお花の化ける花嫁姿は、こんもほれぼれするぐらいきれいで、いつも人間の娘さんと間違えてしまいます。

  小花變的新娘子連小昆都會被迷住,常會被誤認為是人類的姑娘。

日本動漫-看動漫學日語-日語學習

  それに化けるのが上手なこんでも、男なので花嫁姿にだけは化けることが出來ません。

  雖然小昆擅長變身,可是因為是男子,所以無法化作新娘。

  さて一方、キツネのお花はというと、「こんったら、どうせわたしに勝てっこないのに。まあいいわ。もう二度と化け比べをしようなんか、言い出せないようにしてやる」と、言って、何度も何度も花嫁姿に化ける練習をしました。

  話說那叫做小花的狐貍,她說:“這小昆明明贏不了我的嘛。算了。就給他點顏色看看,讓他以后再也不會說出比比變身這種話了。”然后一次次地練著變身新娘子。

  さて、いよいよ化け比べの夜になりました。

  話說,終于到了比賽的那晚了。

  お花はいつもの様に、花嫁姿に化けました。小花像往常那樣,變成了新娘。

  練習をしただけあって、本當に美しい花嫁姿です。

  由于練習了很多次,所以真的是很美的新娘。

  そしてお花は本物の花嫁みたいにはずかしそうにうつむきながら、お宮さんへ行きました。

  而且小花像真的新娘那樣害羞地低著頭向神社走去。

  ところが鳥居(とりい)をくぐろうとして、ふと下を見ると、ホカホカとゆげのたっているまんじゅうが落ちているではありませんか。

  可是在要經過牌坊時,突然往下一看,看到一只熱氣騰騰的饅頭落了下來。

  お花は思わず、つばを飲みました。

  小花情不自禁地咽了口水。

  あたりを見回しましたが、こんはまだ來ていないようです。

  看了下周圍,小昆好像還沒來。

  (うふふ。今のうちだわ)お花は急いでまんじゅうを拾って、口の中へ入れようとしました。

  (呵呵呵。現在正是時候)小花急急忙忙地撿起饅頭,正要放進嘴里。

  そのとたん、まんじゅうがパッとタヌキに変わったのです。「あははははは。いくら美しい花嫁に化けても、やっぱり食いしん坊のキツネだなあ」

  正在這時,饅頭一下子變成了貍。“啊哈哈哈哈。不管變成多美麗的新娘還是個貪吃的狐貍啊。”

  「!!!」恥ずかしくなったお花は花嫁姿に化けているのも忘れて、尻尾を出したまま逃げてしまいました。

  “!!!”小花深感恥辱,忘記自己還是新娘的樣子,就拖著尾巴逃走了。

咨詢熱線

0512-67723999
文章標簽
日本動漫   看動漫學日語   日語學習
相關推薦
肱骨外上髁炎课件